本庄トキメキ野菜
トップ本庄野菜について本庄PF研究会生産者紹介農産物情報コラムリンク集
  HOME > コラム > 農薬安全使用と残留農薬1
   
コラム
 
農薬安全使用と残留農薬 2002年 11月21日 埼玉県農林総合研究センター 中村幸二
1 はじめに
 

 只今ご紹介していただきました中村です。埼玉県農林総合センターの農産物安全性担当というセクションは、平成12年の組織再編において、埼玉県での農林関係の支援研究は、水産林業部門も含めて農林総合センターに一つにまとまり設置されました。まとまるそのタイミングであの所沢の皆さんご承知のダイオキシンの問題がありまして、安全、安心、食の安全といいますかね、そういうものを前面に押し出してこれからの農業サイドの研究もやっていかなきゃいけないというところで私どものセクションが出来たんじゃないかと思います。中での仕事は、残留農薬のことから当然ダイオキシン、それから環境ホルモンですね。それとこれから多分問題になるであろうカドミウムの重金属、それから環境も含めてですけれども、硝酸などの試験・研究をやっていくことにしています。今日は最近の動きと言いますか、情勢からいいますと、いろいろその農薬の問題が出てきまして多分農家の方は大勢いらっしゃると思いますけれども、それは実際に農薬を使われている方も含めて、非常に農薬というか、使い方、使った後のことについて色々と問題意識を持たれたと言う事で、こういう場を持たせていただいたと思っています。

 残留農薬のことですけれども、農薬が最初に問題になったのは昭和40年くらいです。その時期に農業生産を飛躍的に増大させたBHCとかDDTとかの問題が非常にクローズアップされました。昭和46年に農薬取締法が改正になって、それらの農薬はなくなりました。そのあたりに1つのこういう残留農薬に関する問題というのがあったわけです。その後は、特に(農薬について)大騒ぎすることはありませんでした。ところが最近になりまして農薬に関わることが色々出てきました。1つは輸入野菜、冷凍野菜の残留農薬の問題です。これは主に問題になった農薬はクロルピリホスという商品名ではダーズバンという農薬でして、これは日本では果樹に主に使われているんですけれども、野菜にはあまり使った例はないですね。基準値の話も後でちょっとしますけれども、使用例がないと基準値というのは非常に厳しく設定されるというところがありまして、かなり野菜は果樹に比べると厳しく設定されるということです。(基準値は)国際的によその国と比べると、かなり厳しく設定されています。

 それからあといろいろ農薬の問題が出ているんですけれども、例えば古畳の問題があるんですね。古畳を飼料にするとか堆肥にする例が最近も見られます。(昔は)畳を敷くときに下に農薬をまきました。その農薬は何かというとBHCとかDDTとかそういう農薬ですね。それが普通は、田んぼに使う分には稲には残らないですけれども、畳だと完全に乾いて全く分解の要素が無いことから、未だに残っている。それを飼料にする、堆肥にするというのは問題があるわけです。ドリン剤が東京都では大分問題になりました。ドリン剤についても、さっき言った昭和46年で使えなくなったんですけれども、(この農薬は)せいぜい5〜6年で分解してしまうだろうと思われていました。実は私自身もかなり実態調査をしまして、やっていると5〜6年どころじゃない。全然分解しないですね。

 キュウリというものは(ドリン剤を)良く吸います。表立っては出ていないのですけれども、結構生協とかそういうところで残留農薬をチェックしまして、どうもいくつか数字になっているようです。(無登録農薬は)埼玉県内でも、梨でそういうような使用例があったということで、私どものところで分析をしましたし、それからこの隣の大里地区ではやまと芋の問題、それから北埼玉のイチゴの問題なんかも出てきたんですけれども、いずれにしてもそれぞれ対応をしまして、埼玉県については現状では殆ど問題は無いという結果になっています。

 一方で食の安全確保をどうしたら良いかということがあります。1つは最近よく出てくるトレーサビリティという、栽培経歴を明らかにするとかいうことです。今日の新聞をご覧になった(人もいる)と思うんですが、読売(新聞)ですね。ここにJA深谷で残留農薬をチェックして、その結果をHPで見られるようにして、その安心というところを売りに出す(ということが載っています)。安全、安心というところで、農薬がどういうものなのか、残留農薬の、その農薬の残り方がどういうものなのかというのを、一応ここでお話して、皆さんの今日の勉強の資料になれば良いかなと思っています。

 
 
ページの先頭へ 次へ
  トップ本庄野菜について本庄PF研究会生産者紹介農産物情報コラムリンク集
  Copyright (C) 2004 Honjo Yasai. All Rights Reserved.